感染症がうつらない小児科

徹底した感染症対策

 

くろさか小児科アレルギー科は、感染防止換気システムで、完全なる感染防止をめざしております。診察室は8診まであります。6,7,8診の空気は陰圧です。感染症の方は原則的にこの部屋に案内します。また感染症の方の入り口は一般の患者とは別の入り口になっています。また感染症ではない一般の患者さんは1,2,3,4診の部屋に入っていただきます。この部屋は陽圧になっているために他の部屋からの空気が入らないようになっています。このような換気システムを採用しているクリニックは当医院だけです。このシステムは病気を他の方へ感染させたり、また感染を受けることを防止するためです。当医院では前日に発熱があった患者さんも隔離しています。感染症疑いのある方は、隔離診療を徹底しています。感染の可能性がある患者さんが退室した後は次亜塩素酸含有の酸性水にて消毒しています。さらに部屋だけではなくドアの取っ手までも消毒しています。完全に感染症対策をしている医院です。これほど感染対策をしている医院は当院だけであると自負すると共に安心して当院を受診していただけます。


隔離が必要な場合

例)37.5℃以上の発熱(前日の発熱も含む)・下痢・嘔吐・感染の疑いのある咳・感染症(水痘・おたふくかぜ・風疹・はしか・とびひ・ヘルペスなど)隔離診療の方は、近くまで来られたら 079-292-1551 までご連絡下さい。※隔離部屋が満室の場合は、お車など医院の外でお待ちいただくことがあります。  又、診療内容により、順番が前後することもあります。ご了承下さい。